Jazz名盤.com Top Page

オシャレなバーのBGMの
ようなJazz名盤 厳選2枚

オシャレなバーのBGM・ジャズ イメージ
当サイトのJazz真実の名盤リストの中から
オシャレなバーのBGMのようなジャズ名盤
を2枚厳選して御紹介します。
Beegie Adair (ビージー・アデール)
アルバム「Love Elvis」
2008年作品
ジャケット写真 Beegie Adair - Love Elvis
ピアノ: Beegie Adair
ベース: Roger Spencer,  ドラム: Chris Brown
ほぼ全曲がロマンチックでエレガントなバラード曲です。
ピアノ + ベース + ドラムという3人によるピアノ・トリオという形態の演奏です。
落ち着いたロマンチックなジャズ・ピアノ演奏に、ベースとドラムがソフトにバックでサポート。
エルビス・プレスリー曲集(50,60年代の歌手)ですが、みごとなジャズ・ピアノ曲になっています。
全12曲入り。
YouTubeに自動生成による1曲目のプロモーション・ビデオ
がアップされているので、お聴きください。
中央の右向きの白い▲マークをクリックすると聴けます。
試聴とCD購入ページへ(輸入盤)Amazon
試聴とCD購入ページへ(国内盤)Amazon
国内盤は輸入盤とジャケット写真とタイトルが異なります。
曲名 (時間)
1曲目 Love Me Tender (3:33)
2曲目 Are You Lonesome Tonight (4:06)
3曲目 Crying In The Chapel (4:09)
4曲目 Fools Fall In Love (4:26)
5曲目 It's Now Or Never (4:21)
6曲目 Love Me (4:21)
7曲目 I Want You, I Need You, I Love You (4:15)
8曲目 Always On My Mind (4:22)
9曲目 Loving You (4:34)
10曲目 You Don't Have To Say You Love Me (4:01)
11曲目 Love Letters (4:11)
12曲目 I Can't Help Falling In Love (3:51)
Eddie Higgins Quintet
featuring Scott Hamilton, Ken Peplowski

( エディ・ヒギンズ
&スコット・ハミルトン&ケン・ペプロフスキー )

アルバム「It's Magic」
2006年作品
ジャケット写真 Eddie Higgins - It's Magic
ジャケット裏写真 Eddie Higgins - It's Magic
ピアノ: Eddie Higgins  
サックス: Scott Hamilton
クラリネット: Ken Peplowski
ベース:Jay Leonhart,  ドラム: Ben Riley
これを流したら部屋がオシャレなバーのような雰囲気になります。
ピアニストのEddie Higgins(エディー・ヒギンズ)がリーダーで、サックスとクラリネットの2人の演奏が主です。
上質なバラード曲がメインのCDになっています。
全10曲入り。
3曲追加してVol.1とVol.2に分けたアルバムが後に発売されています。
そのVol.1とVol.2が両方入った2枚セットのCDも発売されています。(ディスク2枚入り)
ジャケットが、ちょっとエロチックなのが難点ですが、極上のジャズCDです。
SACDプレーヤーをお持ちの方には、SACD盤もおすすめです。(Vol.1とVol.2が一枚のSACDに)
AmazonのCD購入ページへ
AmazonのCD(紙ジャケット)購入ページへ 
Vol.1 購入ページへ Vol.2 購入ページへ
Vol.1とVol.2の2枚セット盤CD購入ページへ
SACD盤(要SACDプレーヤー)購入ページへ
Vol.1の試聴 アメリカのAmazon
曲名 (時間)
1曲目 It's Magic (7:40)
2曲目 Ghost Of A Chance (6:49)
3曲目 I Got It Bad (5:10)
4曲目 Mood Indigo (5:38)
5曲目 I Never Knew (5:28)
6曲目 A Nightingale Sang In Berkley Square (7:00)
7曲目 Autumn Leaves I (5:11)
8曲目 I'll Never Be The Same (8:44)
9曲目 The Touch Of Your Lips (6:25)
10曲目 Autumn Leaves II (5:26)
Jazz名盤.com Top Page